くらしに役立つ"化学"をつくる

会社沿革

当社は1937年(昭和12年)、株式会社鐵興社酒田大浜工場として開設されました。
東ソー株式会社との合併を経て1983年に分離独立し東北東ソー化学株式会社として現在に至っております。
“産業と暮らしを支える”無機化学品、フラットパネルディスプレイ(FPD)用原料を製造販売し東北地方を中心に事業を展開しています。

沿革

1925(大正14年)合資会社鐵興社設立
1937(昭和12年)株式会社鐵興社酒田大浜工場として開設
1938(昭和13年)苛性ソーダ、塩酸、さらし粉製造開始
1939(昭和14年)自家用水力発電所操業開始
各種フェロアロイ製造開始
カーバイド及びアセチレン誘導品製造開始(1972年製造中止)
1946(昭和21年)石灰窒素製造開始(1959年製造中止)
1949(昭和24年)液化塩素、塩化ビニル製造開始
1950(昭和25年)電炉法による熔成燐肥製造開始(1989年製造中止)
1955(昭和30年)けい酸石灰製造開始
水力発電所を東北電力株式会社に譲渡
1967(昭和42年)フェロアロイ部門分離(現 日本重化学工業株式会社)
1968(昭和43年)リューロンQ製造開始(1999年製造中止)
石巻工場を開設し平炉法による熔成燐肥製造開始
塩素化パラフィン(トヨパラックス®)製造開始
1971(昭和46年)塩化ビニルを現 東ソー株式会社四日市工場へ移管
液体塩化カルシウム製造開始
1972(昭和47年)育苗培土、プロサン製造開始(育苗培土1989年製造中止)
1973(昭和48年)次亜鉛素酸ソーダ製造開始
ポリ塩化アルミニウム(PAC)製造開始
1975(昭和50年)東洋曹達工業株式会社(現 東ソー株式会社)と合併
ベンジルアルコール製造開始(2005年製造中止)
1980(昭和55年)日新電化株式会社との業務提携(販売受託、管理部門の一体化)
1983(昭和58年)東北東ソー化学株式会社設立
酒田・石巻工場が東洋曹達工業株式会社(現 東ソー株式会社)より分離、営業開始
1986(昭和61年)苛性ソーダの製法をイオン交換膜法(IM法)に転換
1988(昭和63年)日新電化株式会社より営業譲受(高度さらし粉事業継承)
1989(平成元年)けい酸石灰 石巻工場へ製造移管
酒田工場 自家発電所操業開始(2006年操業休止)
苛性ソーダ増設
1990(平成2年)合成塩酸増設
1992(平成4年)トヨバイン製造開始
汎用有機設備設置(1996年製造中止)
1994(平成6年)能代工場を開設し微粉炭酸カルシウム製造開始
1995(平成7年)酒田工場  品質保証国際規格(ISO 9002)認証取得
2001(平成13年)良食味米生産肥料製造開始
2006(平成18年)酸化インジウム、ITO粉製造開始
2011(平成23年)石巻工場 東日本大震災被災により製造中止
自家発電所運転再開(東北電力株式会社からの電力供給要請)
酒田工場 ISO 9001:2008 認証取得
酒田工場 ISO 14001:2004 認証取得
PAGETOP
Copyright © 東北東ソー化学株式会社 All Rights Reserved.